Open SNS Simulatorのご利用方法

ここでは、SNSチャットシミュレーションアプリ「Open SNS Simulator」のご利用方法について説明します。

目次

システム要件

インストール
 Android版 Google Chromeの場合
 Windows版 Google Chromeの場合

基本的な使い方
 メッセージの送信
 画像の添付
 グループ名の変更
 送信済みメッセージの編集
 スクリーンショットについて

シミュレートメニュー
 他のメンバーとしてメッセージを送信
 送信日時の操作
 他のメンバーのアイコンの変更
 他のメンバーの名前の変更
 送信済みメッセージのクリア

PCでのスマートフォン画面の再現方法
 ウインドウを変形する手法
 開発者ツールを使用する手法

ダウンロード版のご利用方法

ライセンス

連絡先

システム要件

Open SNS Simulatorのご利用には、以下のソフトウェア構成を推奨します。

・Android 5.0以降がインストールされたスマートフォンまたはタブレット端末、あるいは、Windows 10またはGNU/LinuxがインストールされたPCまたはタブレット端末

・最新版のGoogle Chrome

Mac及びiOS端末でも基本的な動作は可能であると考えられますが、当方では動作検証を行っていません。

インストール

※ここではオンライン版のインストールについて記述しています。ダウンロード版についてはダウンロード版のご利用方法をご確認ください。

Open SNS Simulatorはインストールを行わずにそのままブラウザ上で動作させることが可能ですが、アプリとして端末にインストールすることでオフラインでもご利用いただくことが可能となります。
また、スマートフォンでは、インストールによりブラウザのURLバーを非表示にすることが可能となります。

Android版 Google Chromeの場合

Open SNS Simulatorを開いた状態で、Google Chromeのメニューから、「ホーム画面に追加」をタップします。

Windows版 Google Chromeの場合

Open SNS Simulatorを開いた状態で、Google Chromeのメニューから、「インストール」をタップします。

基本的な使い方

メッセージの送信

一般的なSNSチャットサービスと同様、画面下部のメッセージ入力欄にメッセージを入力し、送信ボタン(紙飛行機のアイコン)をタップすることで、メッセージを送信することができます。(メッセージが空白の状態では送信できません。)
送信といっても、この処理はお使いの端末内で完結可能なよう設計されているため、Open SNS Simulatorが入力内容をサーバーに送信することはありません。

画像の添付

メッセージには画像を添付することが可能です。メッセージ入力欄左側のクリップのアイコンをタップすると、画像を選択するメニューが開きます。

グループ名の変更

画面上部に表示されているグループ名は、タップすると直接編集することができます。

送信済みメッセージの編集

画面に表示されている送信済みのメッセージは、タップすることで本文と投稿日時を直接編集することができます。
また、本文をタップした際に表示される「…」マーク(自分以外の会話メンバーのメッセージの場合は赤いバツ印)をタップすることで、「既読」の表示(自分のメッセージのみ)やメッセージの削除が可能です。

スクリーンショットについて

Open SNS Simulator本体にはスクリーンショット機能は実装されていません。
Open SNS Simulatorを開いた状態で、お使いの端末のスクリーンショット機能をご利用ください。
なお、PCのGoogle Chromeでは開発者ツールを使用したスクリーンショットが便利です。 画面右上のメニューボタンをタップすると、シミュレートメニューが開きます。
シミュレートメニューでは以下の操作が可能です。

他のメンバーとしてメッセージを送信

シミュレートメニューの「投稿者」の項目で自分以外の会話メンバーを選択した状態で送信ボタンをタップすることで、そのメンバーとしてメッセージを送信できるようになります。
なお、他のメンバーとして送信する場合でも、メッセージの入力や画像の添付には自分のメッセージを送信するときと同じメッセージ欄を使用します。

送信日時の操作

シミュレートメニューの「投稿日時」の項目を編集することで、これから送信するメッセージの送信日時を変更することができます。

他のメンバーのアイコンの変更

シミュレートメニューに表示されている他のメンバーのアイコン、または、送信済みメッセージの横に表示されるアイコンをタップすることで、そのメンバーのアイコン画像を変更することができます。
アイコン画像は事前に正方形にトリミングし、縦横1000px以下に縮小したものを推奨します。

他のメンバーの名前の変更

シミュレートメニューでは他のメンバーのハンドルネームを変更することができます。
ハンドルネームを変更すると、送信済みメッセージに表示されているハンドルネームも自動的に変更されます。

送信済みメッセージのクリア

シミュレートメニューの下部にある「全てのメッセージをクリア」をタップすると、送信済みメッセージを全て一括で削除することができます。

PCでのスマートフォン画面の再現方法

PCでOpen SNS Simulatorを使用する場合、以下の手法を行うことにより、スマートフォンの画面を再現したスクリーンショットの取得が可能になります。

ウインドウを変形する手法

単純な手法として、Open SNS Simulatorを実行しているブラウザのウインドウをスマートフォンと同じ形に変形することが挙げられます。
フルハイビジョンのディスプレイなら、ウインドウの高さはディスプレイの高さの2/3程度、幅はその半分程がおすすめです。

開発者ツールを使用する手法

Google Chromeなどの主要ブラウザではキーボードのF12キーを押すと開発者ツールが開き、そのメニュー上部に表示されるスマートフォンのアイコンをクリックすることで、ページがスマートフォンのサイズで表示されるようになります。
この方法には、開発者ツールのメニューから取得したスクリーンショットがトリミング不要であるというメリットが存在し、加えて、画面の縦横の長さを数値で指定することも可能です。

ダウンロード版のご利用方法

Open SNS Simulatorはアプリとしてインストールする以外にも、各ファイルを事前にダウンロードしていただくことで、インターネットに接続することができない端末上でもご利用可能です。

この場合、ダウンロードした圧縮ファイルを解凍し、ファイル「open_snss.html」をブラウザで開くことで、Open SNS Simulatorをご利用いただけます。
なお、解凍したフォルダにはopen_snss.html以外にもOpen SNS Simulatorの動作に必要なファイルが含まれていますので、別のフォルダや他の端末に移動する際はフォルダごと移動させてください。

Open SNS Simulatorのオンライン版とダウンロード版は完全に同一のファイルであり、バージョンが同じであればアプリ本体の機能はすべて同じです。
ただし、オンライン版は新機能の追加やバグの修正を目的としたバージョンアップを行っていますが、ダウンロード版では新しいバージョンを手動でダウンロードし直していただく必要があります。

ライセンス

Open SNS Simulatorのアプリケーション本体(open_snss.html)、及び、この利用説明を含む各付属ファイルは著作権放棄されています。
これらのファイルの二次利用、また、Open SNS Simulatorに使用している各種アイコンやデザインの利用について、著作権による制約はありません。

なお、Open SNS Simulatorは現状有姿のまま提供されるものであり、一切の保証は付属しません。
Open SNS Simulatorを使用して、あるいは、使用できないことによって発生したいかなる損害についても、開発者はその責任を負いません。

連絡先

Open SNS Simulatorは、きのくにソフトウェアが開発と配信を行っています。
お問い合わせは、きのくにソフトウェアのお問合せフォームをご利用ください。